5月8日5月9日深淵とは?予約GM紹介交流掲示板

深淵というゲーム

 「幻想」をテーマにしたTRPGであり、物語の中での役柄を演じる要素の強いゲームです。
 舞台は封建制度が色濃く残る中世欧風のファンタジー世界、魔法も存在しますが非常に扱い難いです。
 それぞれのキャラクター達は各々の「運命」を宿し、その「運命」を解き明かすために、様々な人々と 出会い、助け、時に対立し、絡み合いながら、「物語」を織り成していくゲームです。

深淵のコンセプト

1.協力して物語を紡ぎ出す
美しい物語ができるように、皆が協力してゲームを進めていきます。 全員が納得できるような物語ができたのなら、それは理想的なセッションであったといえます。
2.運命と戦う意志
キャラクターは2個以上の「運命」を持っていて、それぞれの「運命」と対峙し、昇華していくことが 課されています。どの運命も過酷な物ですが、それに屈せずに対峙していくことが重要です。
3.キャラクターを演じる
自らの演じるキャラクターの設定や境遇を活かし、そのキャラクターらしく演じて、物語に上手く 関わっていく事が重要とされているゲームです。

キャラクターメイク

1.テンプレートの選択
 テンプレートとは、他のゲームのサンプルキャラクターにあたる物です。
 ゲーム中にキャラクターの個性を演じやすいよう、プレイヤー自身が共感しやすいテンプレートを 選んだ方がよいでしょう。
2.運命の選択
 テンプレート毎に指定されている場合、また、ゲーム中に使用する運命カードの「語り」の文章から 適切なものを選ぶことにより、対応する「運命」を決定する場合もあります。 ゲームスタート時、キャラクターは通常2個の「運命」を保持しています。
 この「運命」によりキャラクターの「今までの経緯」「現在の境遇」「今後の未来」「持ち物」等を 表現しています。
 この「運命」を踏まえ、基本のテンプレートの設定とあわせてキャラクターをイメージしてください。
3.縁故の設定
 縁故を設定した対象に対して、どの程度キャラクターが関心を持っているか、またその縁故の対象に 対して影響を受けやすいかを表す数値です。
 縁故の対象の為に尽力する際等にはボーナスとなって反映されますが、逆にその対象の益にならない ことを行おうとする場合、その行動を躊躇してしまう原因になる場合があります。
 キャラクターの行動の「導き手」であると同時に「足枷」であるといえます。

シナリオタイプ

1.構造型
予め、GMが物語の概要や、キャラクターの設定などを作りこんだシナリオを遊ぶスタイルです。
GMが指定した運命と、決められたテンプレートからキャラクターを作り、プレイします。
2.渦型
他のゲームではアドリブ型と呼ばれる遊び方で、ゲーム開始時には決められたシナリオがありません。
キャラクター作成時に決められた「運命」などの設定を絡めて、GMがシナリオを即興で組み立てて いきます。
3.半構造型
上記の2つのタイプの中間のタイプです。
中間といっても、構造型よりのもの、渦型よりのもの等、GMにより千差万別です。
ケースバイケースによりレギュレーションが変わりますので、GMと事前によく相談しましょう。
5月8日5月9日深淵とは?予約GM紹介交流掲示板
inserted by FC2 system